[記事公開日]2015/06/21

先ほど京都新聞WEB版を見て、「おっ!」っと気になった記事があったので紹介します。

京都は駐輪場が少ない!と言われたりもしますが、近年は新しい駐輪場がどんどん作られている印象です。そして来月7月1日にも新たなバイク駐輪場が誕生するという記事です!

京都市中京区の御池地下駐車場が7月1日から24時間営業になる。同駐車場は地下街につながっているため、保安上の理由から午前0時~6時は閉鎖されてきたが、利便性向上の一環で営業時間が拡大される。

■利便性向上を目指す

市が設置した同駐車場は一般車両752台、オートバイ125台、バイク278台が収容でき、市内中心部では最大級。市によると、夜間利用を求める声が多く寄せられており、24時間化を決めた。

新たに午後10時~翌午前7時の利用料金を設定し、乗用車は1時間当たり250円、オートバイとバイクは同100円となる。

元記事はこちら

御池地下駐車場というと御池通に出入り口がある四輪の駐車場としてこれまで運営されていました。その駐車場が7月1日からはバイクも駐輪できるようになるということです。原付から大型バイクまで24時間利用可能で、400台以上というかなりの規模になりそうです。

地下駐輪場というのはどちらかというと不便かも。

この駐輪場は地下にバイクを止めることになるため、御池通周辺でのちょっとした用事で利用したいという場合は少し手間に感じるかもしれません。実際の使い勝手はまた利用できるようになったらバイクで行ってみてレポートします!

カテゴリー: news